ブラックジャックのコツ

ブラックジャックのコツ

オンラインカジノで遊べるブラックジャックは扱う攻略法次第でペイアウト率(還元率)を100%に近づけることのできる大人気カジノゲームです。そんな、ブラックジャックの基本戦略として知られるのが「ベーシックストラテジー」と呼ばれる攻略法です。ベーシックストラテジーはディーラーに配られるカードの条件(ルール)を基に編み出された戦略となります。 

そこで、ブラックジャックをプレイする前に、基本ルールと基本戦略のコツさえおさえてゲームに参加すれば、還元率の高いこのゲームの配当チャンスをさらに高めることが可能なのです。 

勝ちやすいゲームと言われているブラックジャックですが、ポイントをしっかり押さえておいた方が、確実に勝敗率は上がっていきます。何れもブラックジャックストラテジーの基となっていますので、ぜひ一緒にいろんなコツを学んでいきましょう! 

アップカードが全て 

ブラックジャックは数字や絵柄が見えるようにカードが1枚配られ(アップカード)、もう1枚は裏向きに配られます(ホールカード)。その後は自由にカードを引いていきながら、合計でどちらが先に21、または21になるかを競い合うゲームです。

ディーラーのアップカードとにらめっこをしながら、相手の数字を憶測しながら自分のカードを21に近付けていきます。

カジノ ボーナス 評価 サイトリンク
ギャンボラ 業界トップクラスのウェルカムボーナス最大$1,500! 今すぐサイトへ レビュー
ベットティルト カジノもスポーツも!最高$1500+最大100フリースピン! 今すぐサイトへ レビュー
ラッキーカジノ 幸せを掴むならラッキーカジノ! 3回目までの入金で最高$1500ボーナス! 今すぐサイトへ レビュー
カジノミー 今すぐ登録&入金で豪華ボーナスパッケージGET! 今すぐサイトへ レビュー
ミスティーノ 新世代オンラインカジノ 新規なら3日間無料でプレイも! 今すぐサイトへ レビュー

カードが配られるルール 

そして、ブラックジャックでカードが配られるルールをしっかりと把握してその戦略のコツを理解しておきましょう。ブラックジャックのゲームでは以下2つのルールがディーラーに適用されます。  

●      カードの合計数が「17」になるまでカードを追加しなければいけない  

●      カードの合計数が「17以上」になったらカードを追加してはいけない  

この2つのルールはプレイヤー側に有利なルールであり、逆にディーラー側が不利になるルールとなっています。では、このルールに基づいたプレイヤー側の戦略のコツを説明したいと思います。

この戦略のポイントは、ディーラーのアップカードが2〜6の時は、自分の手持ちのカードがハードハンドで12以上の場合には、全てスタンドするようにするのが良いです。(ハードハンドとはAを11として扱うのでなく1として計算する場合もしは手元に札がない状態の事)これには、ディーラー側のルールにおいて、17まではヒットし続けなければいけないというのが存在するからなのです。

ディーラーのアップカードが2〜6だった場合において、ディーラーのホールカードが10だった場合、相手の手持ちの数は最高で16だと予測されます。17以下はヒットし続けなければいけないルールがありますので、そのまま続けるとバーストとなる可能性が高いからです。

というところから、この場合にはスタンドしてしまった方が、勝率が上がるというわけです。

ディーラーとプレイヤーがバーストした場合 

バーストした場合に覚えておきたいコツは、 

●    ディーラーとプレイヤーがバーストした場合、プレイヤーの負けが確定する  

という点です。バーストしてしまうと負け確定なのですが、気を付けたいのはディーラーがバーストしても自分がバーストすれば負けはプレーヤー側となる為、引き分けにはなりません。 

何れも基本ルールを基に編み出された戦略がベーシックストラテジーとなっているため、こういったルールのポイントを覚えておくだけでもベーシックストラテジーの習得率が上がる大事なコツとなります。 

これは絶対おぼえておきたい!

2枚のカードを手にしたら、追加でカードを受け取る「ヒット」、受け取らない「ステイ」、手にしたカード2枚が」同じ数字だった場合、手札を2つに分割し2手で勝負する「スプリット」、2枚のカードの合計が10や11だった場合、21を超えるか超えないかの理由で賭け金額を2倍にし、最後の1枚としてもう1枚カードを引く「ダブルダウン」の4つが基本の遊び方です。

ブラックジャックのスプリット

手持ちのカードの合計が8以下の時は「ヒット」、カード合計が11で「ダブルダウン」、17以上で必ず「ステイ」するように心がけましょう。

その他手持ちのカードが、「Aと8」「Aと9」「10と10」の時には必ずステイするようにし、「AとA」はどちらも強いカードなのでスプリットし、「8と8」の時には手札を2つにする事で勝負がしやすくなります。

カードを覚えていく

表れたカードを覚えていくと、ディーラーの持ち札や出てくるカードが予測しやすくなります。コツとしては、主役の絵札20枚、10・J・Q・K・Aを記憶することにとどめておくと、混乱を避けることができます。

オンラインカジノのビデオブラックジャックにおいては、ゲーム中にカードがシャッフルされてしまう事があり、適用しにくいですが、ライブカジノなどでは活用してみることをおすすめします

ただし、本場カジノでは使ってはいけないとされています。

また、カードがどうしても覚えられない時やブラックジャックの基本戦略のコツとして、カードは全て「10」として予測する ことをおススメします。なぜかと言うと、ブラックジャックはジョーカーを除いた52枚のトランプカードを1デッキと数え使用します。この1デッキには「10」の役割を持つカードが16枚(10、J、Q、Kが各4枚)入っているため、「10」のカードを引く可能性が非常に高いのです。 

その確率はおよそ30%。約3枚に1枚は「10」を引く可能性があるということです。このことから、ディーラーの「伏せカード」とプレイヤーに「配られるカード」は全て『10』として予測しゲームを進めることが鉄則となります。

これも大切

ゲームとはいえ、勝負事なので運の流れというものがあります。ゲーム終了後に、気分があまり乗らないようなら、テーブルを変えてみるかやめるかにしましょう。