ブラックジャックのコツ

ブラックジャックのコツさえおさえてゲームに参加すれば、還元率の高いこのゲームの、配当チャンスをさらに高めることが可能です。

勝ちやすいゲームと言われているブラックジャックですが、ポイントをしっかり押さえておいた方が、勝敗率が上がっていきます。

アップカードが全て

ブラックジャックは数字や絵柄が見えるようにカードが1枚配られ(アップカード)、もう1枚は裏向きに配られます(ホールカード)。その後は自由にカードを引いていきながら、合計でどちらが先に21、または21になるかを競い合うゲームです。ディーラーのアップカードとにらめっこをしながら、相手の数字を憶測しながら自分のカードを21に近付けていきます。

ディーラーのアップカードが2〜6の時は、自分の手持ちのカードがハードハンドで12以上の場合には、全てスタンドするようにするのが良いです。(ハードハンドとはAを11として扱うのでなく1として計算する場合もしは手元に札がない状態の事)これには、ディーラー側のルールにおいて、17まではヒットし続けなければいけないというのが存在するからなのです。

ディーラーのアップカードが2〜6だった場合において、ディーラーのホールカードが10だった場合、相手の手持ちの数は最高で16だと予測されます。17以下はヒットし続けなければいけないルールがありますので、そのまま続けるとバーストとなる可能性が高いからです。というところから、この場合にはスタンドしてしまった方が、勝率が上がるというわけです。

これは絶対おぼえておきたい!

2枚のカードを手にしたら、追加でカードを受け取る「ヒット」、受け取らない「ステイ」、手にしたカード2枚が」同じ数字だった場合、手札を2つに分割し2手で勝負する「スプリット」、2枚のカードの合計が10や11だった場合、21を超えるか超えないかの理由で賭け金額を2倍にし、最後の1枚としてもう1枚カードを引く「ダブルダウン」の4つが基本の遊び方です。

手持ちのカードの合計が8以下の時は「ヒット」、カード合計が11で「ダブルダウン」、17以上で必ず「ステイ」するように心がけましょう。その他手持ちのカードが、「Aと8」「Aと9」「10と10」の時には必ずステイするようにし、「AとA」はどちらも強いカードなのでスプリットし、「8と8」の時には手札を2つにする事で勝負がしやすくなります。

カードを覚えていく

表れたカードを覚えていくと、ディーラーの持ち札や出てくるカードが予測しやすくなります。コツとしては、主役の絵札20枚、10・J・Q・K・Aを記憶することにとどめておくと、混乱を避けることができます。オンラインカジノのビデオブラックジャックにおいては、ゲーム中にカードがシャッフルされてしまう事があり、適用しにくいですが、ライブカジノなどでは活用してみることをおすすめします。ただし、本場カジノでは使ってはいけないとされています。

これも大切

ゲームとはいえ、勝負事なので運の流れというものがあります。ゲーム終了後に、気分があまり乗らないようなら、テーブルを変えてみるかやめるかにしましょう。